就職を目指すフリーターが気をつけておきたいポイント

 安定の少ないフリーターの生活から脱却するため、就職を目指す方もいらっしゃると思います。そんな現在進行形でフリーターの方が、就職を目指したとき、どのような点に気をつけて就職活動を行えばよいのでしょうか?

 

 まず、フリーターの方の場合、アルバイトを休むことイコールお給料が減るということになってしまいますので、できる限り仕事を休みたくないと思われる方が多いと思います。

 

 しかし、転職希望先にもよりますが、多くの場合、就職活動は平日の夕方までに面接などを必要とします。ですので、就職活動中は平日の勤務はなるべく削り、面接などの時間に充てることにしましょう。できれば土日祝日も休むことが理想です。自由な時間をできる限り作ることで、就職活動への心の余裕も出てきますし、よりよい面接での受け答えを考えたり、ゆとりを持って履歴書を丁寧に作成することができますから、そういった余裕は就職活動成功への鍵と言っても過言ではないでしょう。

 

 そして、フリーターの方の場合、「経験がないから、あまり好条件での就職は見込めない」と考えている方もいらっしゃると思いますが、ひとつの職種に長年勤めてきたフリーターの方であれば、たとえアルバイトであろうと、その経験はひとつの強みになります。コツコツと経験を積み重ねてきたのに変わりありませんから、その点を評価してくれる企業も多くあるはずです。

 

 専門性の高いアルバイト経験であれば、即戦力として採用してもらえることもあるでしょう。ですので、自分の経験を卑下することなく、面接ではしっかりその点もアプローチしたいところです。

 

 以上のようなことを念頭に置いて、よりよい就職活動を行ってくださいね。