就職に学歴は関係ないです

 就職活動をしていると、やはり迷いや不安もたくさんあります。本当に頭を悩ませることだと思います。学歴社会とも言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。大学や専門学校へ進学された方は専門的な知識をたくさん勉強をされているかと思います。でも、それを現場だったり職場でどう活かすかが大事なことになります。

 

 いくら良い大学を卒業したからといっても社会に出てしまえばやはりそこは個人個人の実力主義になってくるのではないかと思います。確かに頭が良いということは努力された方の結果であります。大学に行くことができたなら素晴らしいことです。

 

 しかし、みな社会に出てからは学歴というものにまったく関係なく、誰もが十分に仕事で発揮することができるところだと思います。人にはそれぞれに持っているチカラがあるのです。それが、得意とするものだったり好きなことです。何ひとつ出来ない人なんて誰もいないのです。ですからどんなことでもいいのです。

 

 面接をする際には、自分の特技は必ずしっかりとアピールをすることです。得意なこと、出来ることを詳しく伝えることが大切なことなのです。

 

 質問に対して分かりません、出来ませんといった答えでは意欲がまったく感じられません。答えが分からなかったり間違っていたとしても何かしら答えるようにした方がいいと思います。間違いは決して恥ずかしいことではありません。面接への取り組む姿勢はそこで感じられると思います。

 

 何事にもチャレンジ精神を持っているといいと思います。そして、ハキハキと明るい雰囲気を出して元気に挑むことです。